ごあいさつ – 日本文化財漆協会

ごあいさつ

日本の漆芸術は、わが国において生産された漆によって成り立っていました。
しかし、その漆生産が危ぶまれ、かつ、その将来も憂う状況にあります。
そして、今、いかにその漆を確保していくかが、大きな課題となっております。

日本文化財漆協会は、そのような状況にあるわが国の漆を、そして、そこに生まれた漆文化を守り続けるために活動しています。

どうぞ、この活動に多くの方々からのご支援、ご協力をいただき、日本の漆文化を守り、よりすばらしいものに育てることにご尽力賜りたく、お願い申し上げます。

北村昭斎(日本文化財漆協会 会長)

» 北村昭斎の略歴を見る

1938 漆芸家 北村大通の長男として生まれる
1956 東京藝術大学美術学部工芸科入学
1960 同大学卒業
早川電機工業(現シャープ)入社
1967 第14回日本伝統工芸展に初入選
1977 春日大社所蔵「国宝蒔絵箏」を復元模造
1992 正倉院宝物「銀平脱合子」を復元模造
1994 選定保存技術保持者「漆工品修理」に認定
1997 第44回日本伝統工芸展にて文部大臣賞受賞
1998 香川県美術展覧会招待
1998 第45回日本伝統工芸展にて朝日新聞社賞受賞
1999 重要無形文化財保持者「螺鈿」に認定
2008 旭日小綬章受章
2014 日本文化財漆協会会長に就任


蒔絵箏(復元模造) 国立歴史民俗博物館所蔵


華文玳瑁螺鈿飾箱(文部大臣賞受賞) 京都国立近代美術館所蔵


華菱文玳瑁螺鈿箱(朝日新聞社賞受賞) 東京国立博物館所蔵